'; ?> アコムで用意されている返済日の考え方※「35日ごと」と「毎月払い」の違い

アコム

アコムの選べる返済日「35日ごと」と「毎月払い」の違いについて

アコムといえば多くの利用者が存在することでも知られていますが、多くの人が利用するためには、やはりそれなりにメリットがなければなりません。

 

たとえば返済日についてですが、アコムでは「35日ごと」と「毎月払い」の2つの返済日が用意されています。

 

返済日というものは、アコムとの関係を考えるうえである意味最も重要なものともいえます。

 

アコムから融資を受けた分について返済を行う日であるというだけでなく、その日を忘れてしまうだけでアコムからは催促の連絡が入ったり、最悪の場合事故者リスト登録されたりといったことにもなりかねません。

 

そのため、返済日というものは利用する側にとって特に気を使うべきポイントであるとともに、できるだけ間違いのないように注意したいところでもあります。

 

アコムで用意されている返済方法のうち、「35日ごと」というのはその名の通り「35日ごとに返済を行う」というものとなります。

 

この方法の場合、最初に支払いについては実際にアコムから融資を受けた日の翌日を起算日として35日以内に返済を行うというものです。

 

その後の返済日については、返済をした翌日を起算日として35日以内に返済を行うことになります。

 

つまり、返済期日は支払いを行った日からカウントして35日後ということになり、その間にアコムへの返済を行う必要があります。

 

それに対して「毎月払い」というのは実際にアコムから融資を受けた利用者がアコムに返済をする日を決めるという方法です。

 

この方法のメリットは、たとえば勤務先の給料日が25日ということであれば毎月25日をアコムへの返済期日として設定することが可能といった具合に、都合の良い日程を選択することが可能ということになります。

 

いずれの支払い方法についても利息の計算方法は同じとなりますので、都合の良い方法を選ぶと良いでしょう。

 

なお、この返済日については口座振替を利用してアコムへの返済を行う場合には「毎月6日」が支払日として設定され、日程の指定はできませんのでご注意ください。